ここから本文です

七夕、気になる天気は?おりひめ・ひこ星を探してみよう

7/7(金) 17:50配信

リセマム

 7月7日は、おりひめ星とひこ星が年に1度だけ会うことができる「七夕」。気になる7月7日夜の天気は、北海道と東北、関東、北陸、東海、甲信、近畿、沖縄の広い地域で晴れの予報だ。夜空を見上げておりひめ星とひこ星を探してみよう。

2017年7月7日21時(東京)東の空、どんなふうに見えるか前もってチェック!(画像解説)

 アストロアーツによると、7月7日の午後9時過ぎに東の空を見上げて、特に明るく見える2つの星が「おりひめ星(織姫星、織女星)」と「ひこ星(彦星、牽牛星)」だ。おりひめ星は、北寄りにあり、先に昇ってきて高いところに見える。2017年の7月7日は満月の2日前なので、この日に天の川を見るのは難しいという。

 気象庁によると、7月7日夜の天気は、北海道と東北、関東、北陸、東海、甲信、近畿、沖縄の広い地域で晴れ、中国と四国、九州は曇りまたは雨の予報。晴れの地域では、夜空を見上げておりひめ星とひこ星を探してみよう。

 7月7日は広い地域で梅雨の最中だが、七夕の星は7月7日を過ぎてもほぼ同じような星空を見ることができる。2017年は7月23日と8月22日が新月で月明りの影響が小さくなるので、天の川が見やすくなるという。

《リセマム 工藤めぐみ》

最終更新:7/7(金) 17:50
リセマム