ここから本文です

中村仁美アナがフジ退社 営業局への異動拒みフリー転身か

7/7(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 フジテレビの中村仁美アナウンサー(38)が同局を退社することがわかった。5日「ノンストップ!」に出演した中村アナは「私ごとで申し訳ないんですが、今日でノンストップを卒業させていただきます」と報告。アナウンサーの仕事は続けていく予定で、今後はフリーに転身するとみられる。

 先月末に社長が交代したフジテレビでは、社内組織のスリム化を実施。それに伴い大規模異動を行っていて、中村アナには、営業局営業企画部への異動の内示が出されていた。

 しかし、アナウンサーを続けたい中村アナがこれを拒否。7月1日の異動発令では人事局付になっていた。すでに、退社する旨は関係各所に伝えている。

「今後はフリーで仕事を続けていくようです。所属先は、夫のさまぁ~ず・大竹一樹の事務所『ホリプロ』が有力。中村アナは後輩からも慕われていたのですが、今回異例の異動でした。局内には同じ“ママアナ”もいますが、一般のサラリーマンと結婚している者が多い。中村アナの場合、夫の年収が1億円を超えるセレブ夫婦です。周囲から嫉妬を買っていた可能性もあります」(フジテレビ関係者)

 さらに、局内で以前に問題視された“事件”も背景にあるのかもしれない。15年元日に「とんねるず」や「さまぁ~ず」らが、ハワイから生中継するという特番があったのだが、この際、あり得ないことが起こったという。

「番組終了後、出演者らが延泊したのですが、これらの費用もフジテレビ持ちになったのです。これにより当初2・5億円だった予算が、約5億円にも膨れ上がった。この時、さまぁ~ず・大竹に中村アナもついて行ったのですが、中村アナらの費用まで番組側が賄うことになったらしい。現地でのエステ代とかもです。さすがにフジテレビを“食い物”にしていると批判が上がりました」(フジ幹部)

 どんな経緯があるにせよ、“泥舟”フジテレビからの脱出は正解か。