ここから本文です

マンU、約111億円でルカク獲得へ クラブ間合意か

7/7(金) 11:52配信

ISM

 現地時間6日、マンチェスターUが、エヴァートン(以上イングランド)からベルギー代表FWロメル・ルカク(24)を獲得することで、クラブ間合意に至ったことが関係者の話で明らかになった。

 契約はまだ正式に締結されていないが、関係者によると、移籍金は7500万ポンド(約111億円)とのこと。個人の条件を詰め、メディカルチェックをパスしたのち、正式にサインする見込みとなっている。

 ルカクがマンUに加入することになれば、ジョゼ・モウリーニョ監督と再会することに。ルカクは同監督がチェルシーを指揮していた時代に同クラブに所属していたが、トップチームで主力に定着することができず、期限付き移籍によりエヴァートンを含む他クラブチームでプレーしたのち、2014年にエヴァートンに完全移籍していた。

 ルカクは昨季プレミアリーグで25ゴールをマークし、リーグ得点ランク2位となった。マンUはFWズラタン・イブラヒモヴィッチを放出しており、前線の強化が急務となっている。(STATS-AP)

最終更新:7/7(金) 11:52
ISM