ここから本文です

青島東小で交流 藤枝市で合宿中のイタリア柔道選手

7/7(金) 8:15配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 8月下旬に開幕する世界選手権(ハンガリー)に向けて、藤枝市で強化合宿中のイタリア柔道代表チームの選手たちが6日、藤枝市立青島東小を訪れ、子どもと一緒に給食を味わった。この日の給食は特別に用意されたイタリアメニュー。子どもたちも横断幕や手旗で熱烈に歓迎し、海外の選手と交流を深めた。

 学校を訪れたのは、ともにリオデジャネイロ五輪に出場したエリオス・マンツィ選手、エドウィッジ・グウェン選手に加えてコーチのロベルト・メローニさんの3人。子供たちをはじめ北村正平市長らが出迎え、給食を楽しんだ。

 給食は、お茶入りフォカッチャ(緑)、パンナコッタ(白)、ミネストローネ(赤)とイタリア国旗の3色をイメージしたメニューで、白身魚のスカペーチェなども。子供たちの歓迎ぶりに選手たちは満面の笑みで、「特に魚がおいしかった」などと給食の味にも満足した様子だった。

 イタリアチームは13日まで藤枝市に滞在する予定。2020年の東京五輪・パラリンピックで、市とイタリア側が柔道の事前合宿実施で合意している中、強化合宿は継続的な交流の一環。

静岡新聞社