ここから本文です

サッカー=FIFAランク、日本は46位に後退 ドイツが1位

7/7(金) 9:53配信

ロイター

[6日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)は6日、最新の世界ランキングを発表し、日本は前回からワンランクダウンの46位でアジア3番手だった。

アジア最上位は23位のイラン。2018年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で8月31日にホームで対戦するオーストラリアは45位に浮上し、アジア2番手。9月に敵地で戦うサウジアラビアは61位でアジア5番手だった。韓国は前回から8つ落ちて51位に後退し、アジア4番手。

世界の上位勢では、コンフェデレーションズカップで優勝したドイツが1位に浮上し、2位ブラジル、3位アルゼンチン、4位ポルトガル、5位スイスと続いている。

最終更新:7/7(金) 9:53
ロイター