ここから本文です

【日本ハム】大谷、前半戦復帰見えた!フリー打撃登板50球で安打性ゼロ

7/7(金) 6:04配信

スポーツ報知

 日本ハムの大谷翔平投手(23)が6日、フリー打撃に登板。杉谷、清水を相手にカーブ11球、スライダー3球を交え50球を投げ、安打性の打球は許さなかった。前半戦最終カードとなる10日からのオリックス3連戦での1軍復帰登板が現実的となってきた。

 この日の全体練習前、日本最速の165キロを連発した昨年10月16日のCS最終S第5戦以来となる札幌Dのマウンドに立った。半数の25球がボールとなったが、この日は最速153キロ。清水のバットを折るなど事前に球種を伝えながらも“完封”した。「(久しぶりの札幌Dは)変わらなかったです。制球面はこれから? そうですね」と話した。

 右足首痛や左太もも裏肉離れのため、1日のイースタン・西武戦(鎌ケ谷)で252日ぶりに実戦登板したばかり。見守った栗山監督は「球数を投げさせたかった。(ブルペンより)出力が上がったと思う。明日の体の反応を見たい」と慎重だが、1軍復帰登板へ視界が開けた。

最終更新:7/7(金) 6:04
スポーツ報知