ここから本文です

北米COTY 2018、第一次選考13車種…ホンダが2車種

7/7(金) 14:45配信

レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は7月7日、「2018北米カーオブザイヤー」の乗用車カテゴリーの第一次選考13車種を発表した。

画像:北米COTY 2018の第一次選考に入った日本車

北米カーオブザイヤーは今年で25回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2018北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーの第一次選考13車種は、以下の通り。

アルファロメオ・ジュリア
アウディA5スポーツバック
BMW5シリーズ
ホンダ・クラリティ
ホンダ・アコード
ヒュンダイ・アイオニック
キア・スティンガー
レクサスLC500
MINIクラブマン
ポルシェ・パナメーラ
スバル ・インプレッサ
テスラ・モデル3
トヨタ・カムリ

ブランド別で、最多の2車種がノミネートされたのは、ホンダ。燃料電池車とボディや車台を共用しながら、EVとプラグインハイブリッド(PHV)化を図った『クラリティ』がノミネート。7月中旬にデビュー予定の新型『アコード』も名前を連ねる。

この他の日本メーカーでは、新型トヨタ『カムリ』、新型スバル『インプレッサ』、レクサス『LC500』がノミネートされている。

今後は12月にファイナリスト3台に絞り込まれ、2018年1月のデトロイトモーターショー2018において、2018北米カーオブザイヤーが決定する。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/7(金) 14:45
レスポンス