ここから本文です

渋谷にブルワリー「ファーイーストブルーイング」直営飲食店 クラフトビールとパオ主力に /東京

7/7(金) 11:38配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 青山学院大学近くに7月下旬、クラフトビール「馨和(かぐあ)KAGUA」などを手掛けるブルワリーFar Yeast Brewing(渋谷区渋谷2)の直営飲食店「Far Yeast Tokyo Craft Beer & Bao」(同)がオープンする。(シブヤ経済新聞)

 同社初の飲食店となる同店。自社のクラフトビールと「ジャパニーズスタイルBao(パオ=中華風バーガー)」をコンセプトに、たる生で提供する同社の基幹ブランドとなるクラフトビール「馨和 KAGUA」「Far Yeast」シリーズと、日本の食材や調理法でアレンジする「パオ」を中心に提供する。

 席数はスタンディングを含め30~40席を予定する。昼には、周辺エリアで働くビジネスマンのカフェ利用やテークアウト利用、夜はクラフトビールを軸に「大人が集まる酒場」としての利用シーンを見込む。

 同社は、直営店出店に当たりオリジナルメニューを考察する中、ロンドンやNY、香港などに出向いた際に出合ったのが「パオ」だったという。このほか、天ぷらやチップスなどクラフトビールに合うフードも提供していくという。料理は和食レストラン「食幹」(渋谷3)などを手掛けるディスカバリー(同)がプロデュースする。

 現在、オープンに先駆けてクラウドファンディングサイト「MAKUAKE」でプロジェクトを立ち上げている。目標金額100万円。7月6日現在、207人が337万8,000円を支援している。募集は今月16日まで。

 オープン日は未定。営業時間は12時~23時の予定。

みんなの経済新聞ネットワーク