ここから本文です

カワサキ、インドに二輪車工場新設…Ninja 1000 の現地生産開始へ

7/7(金) 16:46配信

レスポンス

川崎重工は7月7日、インド現地法人・インディア カワサキモータース(IKM)に新工場を開設、9月より大型二輪車『Ninja 1000』の現地生産を開始すると発表した。

[関連写真]

インドは、2016年度の二輪車販売台数が約1760万台と世界最大の市場で、そのうち250cc以上の中・大型車の市場規模は約68万台。今後も経済発展に伴い、レジャー用途の中・大型車市場の継続的な拡大が期待されている。川崎重工は、2010年にバジャジ オート(BAL)のアクルディ工場内にIKMを設立し、カワサキブランドの二輪車の生産委託および、BALの販売網を通じた販売を開始。その後2013年に自社での生産を開始し、IKM独自の販売・アフターサービス網の構築を進めるなど、インドにおける二輪車事業の基盤作りを着実に進めてきた。

新工場は、生産設備導入後、9月頃より生産ラインの稼働を開始。『Ninja 650』『Ninja 300』『Z650』『Z250』『Versys 650』といったこれまでの機種に加えて、新たに同社がインドで生産する最大排気量となるNinja 1000の現地生産を行う。同社では新工場稼働によってインドの中・大型車のニーズに応え、カワサキブランドの二輪車を幅広く提供していく。

なお、新工場の開設にともない、旧工場の稼働は終了し、その機能を新工場へ集約する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/7(金) 16:46
レスポンス