ここから本文です

浦和・淵田社長「ペトロビッチ監督支える」

7/7(金) 16:35配信

東スポWeb

 J1浦和の淵田敬三社長(62)は6日、クラブ公式ホームページで声明を発表した。5日の川崎戦に1―4と大敗し、J1前半戦の17試合を終えて7敗(8勝2分け)の失点29。昨季リーグ34試合での6敗、28失点を早くも上回るなど、チームは苦境に立たされた。

 敗れた川崎戦後にはサポーターからの猛抗議もあったが、同社長はHPでファン・サポーターに向け「川崎フロンターレとの対戦で敗れ、苦しい状況となっております」と現状を説明。「みなさまにも悔しく、悲しい思いをさせてしまい、申しわけありませんが、ぶれずに継続し、目の前の1試合を大切に戦って参ります」と記した。その上で「これまでどおり、ミシャ監督を支え、選手、スタッフと共にもう一度、タイトル争いに食い込んでいけるよう、全力をつくします」と、辞任を示唆したミハイロ・ペトロビッチ監督(59)を引き続きサポートすると記した。浦和は9日にホームで最下位の新潟と対戦する。

最終更新:7/7(金) 16:35
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報