ここから本文です

「BLEACH」実写映画のビジュアル公開 福士蒼汰が“死神”の姿に

7/7(金) 8:55配信

ねとらぼ

 2018年夏公開の実写映画「BLEACH」で、初の実写ビジュアルが公開されました。

【画像】原作の一護

 ティーザービジュアルでは、福士蒼汰さんが演じる主人公・黒崎一護が、死覇装をまとい、斬魄刀(ざんぱくとう)を握りしめる姿が見られます。福士さんは「一護の特徴である髪色は絶対に外せないポイント」として、監督やスタッフと話し合い、何度もブリーチして色を加えて試行錯誤したとコメント。

 同作は久保帯人さんによる同名の人気漫画が原作。霊が見えること以外は普通の高校生、黒崎一護が、ある日突然現れた死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊と戦う物語。監督は「GANTZ」「アイアムアヒーロー」の佐藤信介さんが務めます。

●福士蒼汰さんコメント

 一護の特徴である髪色は絶対に外せないポイントなので、監督やスタッフと話しあい、何回もブリーチをして、色を加えながら、試行錯誤を重ねました。死覇装や制服など身に付けるものも細部まで拘り、一切妥協せずにまずは外見から“一護”というキャラクターを作りあげました。

●佐藤信介監督コメント

 はじめて死覇装を着た福士さんを見たとき、「一護があらわれたな」と思いました。人間が死神に“ならされちゃった”話ですが、和装なのにオレンジ髪で、でかい刀を持っていても、「着てやってらぁ」「やってやったるよ」というようなブレない余裕を感じて。キャラとしてもそういう一護であってほしかったので、これはいけると直感しました。

最終更新:7/7(金) 8:55
ねとらぼ