ここから本文です

Let's Encrypt、ワイルドカード証明書を2018年1月から発行

7/7(金) 9:24配信

ITmedia エンタープライズ

 インターネット上の通信を暗号化するTLSの普及を目指して無料サーバ証明書を発行する非営利認証局(CA)のLet's Encryptは7月6日、1つの証明書で複数のサブドメインの暗号化を実現できる「ワイルドカード証明書」の発行を2018年1月から開始すると発表した。「HTTPSの100%普及に向けた進展を加速させたい」としている。

【Let's Encryptは無料のサーバ証明書を発行している】

 ワイルドカード証明書は、ベースドメインのサブドメイン(例えば*.example.com)で無制限に利用できる。管理者は1つの証明書と鍵の組み合わせを、1つのドメインとそのサブドメイン全てに使うことができ、「HTTPSの導入がはるかに容易になる」とLet's Encryptはいう。

 ワイルドカード証明書は、ACME v2 APIエンドポイント経由で無料で提供する。当初はDNS経由のベースドメイン認証のみをサポートするが、いずれは追加的な認証オプションも検討するかもしれないとしている。

 Let's Encryptの証明書は現在、4700万のドメインで使われている。2015年12月にサービスを開始して以来、暗号化されたページがロードされる割合は40%から58%に増えたという。無料のサービスはコミュニティに支えられており、夏の資金集めキャンペーンにも協力してほしいと呼び掛けている。