ここから本文です

日本橋に「竜宮城」出現 恒例アートアクアリウムで金魚や熱帯魚など8000尾 /東京

7/7(金) 15:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 日本橋エリアで7月7日、江戸の涼を体感するイベント「ECO EDO日本橋2017~五感で楽しむ、江戸の涼~」が始まった。(日本橋経済新聞)

アートアクアリウム新作の「タマテリウム」

 江戸時代、打ち水や水辺での夕涼み、浴衣や風鈴、金魚など日本橋で育まれた「涼」をとるための人々の知恵や工夫を現代に生かした同企画。10回目を迎える今年は、見て涼をとる「金魚」、「提灯(ちょうちん)」、食べて涼をとる「限定スイーツ」、着て涼をとる「浴衣」、江戸の遊び「舟遊び」をテーマにさまざまなイベントやサービスを展開する。

 期間中、金魚モチーフの料理やアルコールメニューを提供する「金魚スイーツ&バルさんぽ」や福徳神社の参道を、「金魚大提灯」を含めたちょうちん約100個で金魚街道として演出するなど、街全体が「金魚の街」となり日本橋の涼を盛り上げる。

 昨年9月開設の屋外イベントスペース「福徳の森」では「アートアクアリウム夏祭り」を初開催。高さ約4メートルの盆踊りやぐらが登場し、縁日屋台や盆踊りなど、日本ならではの夏の涼が満喫できる催しを用意する。

 連携イベント「アートアクアリウム2017~江戸・金魚の涼~」では、海の金魚も泳ぐ「龍宮城」をコンセプトに、玉手箱をモチーフにした「タマテリウム」や九谷焼で制作した新作が初登場。金魚を中心に海の魚も交えた約8000匹の観賞魚が織り成す幻想的な世界を展開する。

 そのほか、恒例となった金魚明かりのナイトクルーズ「納涼金魚ちょうちん船」や金魚すくいの腕を競う「日本橋金魚すくいグランプリ」、浴衣の着付け・レンタルサービス「ゆかたステーション」、和の文化体験・ツアーなども実施する。

 9月24日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク