ここから本文です

田町にカラオケバー「BAR HANARE」 「対馬居酒屋こんね」姉妹店 /東京

7/7(金) 15:13配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 田町駅三田エリア、桜田通り沿いにカラオケバー「BAR HANARE こんね-華れ-」(港区芝5、TEL 03-6453-7226)がオープンした。(品川経済新聞)

「BAR HANARE こんね-華れ-」の内装

 同店は徒歩1分ほどの距離にある長崎・対馬の郷土料理店「対馬居酒屋 こんね」(港区芝5)の姉妹店で、コンセプトは「大人のためのカラオケバー」。店名の由来は居酒屋で楽しんだ後にゆっくりくつろげる「離れ」になれたらという意味合いから。店舗面積は12坪。席数はカウンター8席、ボックス席4席。

 オーナーの小川延貴さんは、開店の経緯について「田町にはビジネスパーソンをはじめ大勢の通勤者がいるが、仕事が終わって他の地域へ飲みに流れてしまうケースも少なくないように思う。うちの店がそうした人たちの止まり木になれたら」と話す。
 
 料金システムは、ウイスキーやブランデーなどの飲み放題とカラオケ歌い放題のセットメニューで、男性=5,000円、女性=3,500円(いずれも2時間、サービス料込み)。延長料金は1時間につき、男性=2,500円、女性=1,500円。このほか、ボトルキープ(4,000円)をしておけば、延長料金なしのフリータイムで利用できる。

 単品のオーダーにも対応する。ドリンクメニューは「サッポロ黒ラベル」(800円)、「ラフロイグ10年」(1,200円)、「響17年」(2,000円)など。ワインやシャンパンも取りそろえる。フードメニューは「ミックスナッツ」(500円)、「チーズ盛り合わせ」「生ハム」(以上1,000円)などを提供する。「対馬居酒屋 こんね」からの出前メニューも。

 「お酒の楽しみ方を知っている大人の方にぜひ来てもらいたい。ただ、表に看板を出していないので、少し入りにくい雰囲気があるかもしれない」と小川さん。「田町には夜遅くまで開いている店が少ないように思う。深夜遅くまで営業しているので、行き場をなくしたら気軽に来てもらえれば」とほほ笑む。

 営業時間は20時~翌4時。日曜・祝日定休。

みんなの経済新聞ネットワーク