ここから本文です

Googleマップ、近所のバリアフリー情報追加がより簡単に

7/7(金) 11:31配信

ITmedia NEWS

 米Googleは7月6日(現地時間)、「Googleマップ」のビジネスがバリアフリーかどうかの情報を一般ユーザーが追加しやすくしたと発表した。

 同社は2015年から、ユーザーがマップに情報を追加する「ローカルガイドプログラム」を提供しており、これまでも自分が訪れたビジネス(ショップやレストラン)についての情報を追加できるようになっていた。

 新機能では、ユーザーはAndroid版Googleマップのメニュー(≡)→「自分の投稿」→「不足している情報の提供」をタップすることで、現在地の地図上に、情報が不足しているビジネスのスポットが(+)アイコンで表示される。

 ここで「バリアフリー」を選び「バリアフリーの設備はありますか?」などの質問に答えていく。

 こうして集められたバリアフリー情報は、Web、iOS、Android版Googleマップのビジネス検索結果の「バリアフリー」という項目に表示される。

最終更新:7/7(金) 11:31
ITmedia NEWS