ここから本文です

文大統領の提案具体化へ 「北の反応期待」=韓国統一部

7/7(金) 14:28配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は7日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6日にドイツ・ベルリンで行った演説について、北朝鮮の反応を促した。

 同部の李有振(イ・ユジン)副報道官はこの日の定例会見で「朝鮮半島の平和の突破口を設けるためには、南北間の協力が必須だ」とし、「朝鮮半島の平和に向けたわれわれの積極的な提案に対し、北の肯定的な反応を期待する」と述べた。

 文大統領は独ケルバー財団の依頼で行った演説で、南北軍事境界線付近での双方の敵対行為を中止することや、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族の再会行事開催と、再会行事について協議する南北赤十字会談の開催を提案した。

 李副報道官は文大統領の提案を履行するための措置を準備しているとし、「政府は国民的な合意と与野党との意思疎通を基に、北の問題の解決および南北関係の発展を推進するための大統領の対北政策構想を具体化し、実行力を強化するよう努力していく」と強調した。

 その上で「この過程で、米国などの関連国と国際社会の支持と理解を強化していくために努力する」と述べた。

 また「離散家族再会のための赤十字実務協議と、南北間での敵対行為中断のための軍事実務協議も検討していると認識している」と明らかにした。

 軍事境界線で軍事的緊張が高まり、南北間の武力衝突の危険性が増し、国境地域の住民の安全が脅かされているとして、「互いの軍事的緊張の緩和と信頼構築のための努力が必要だとの次元から提案されたものだ」と説明した。

 対北朝鮮特使の派遣については、「北の問題および南北関係を解きほぐすのに必要であれば推進する」と述べた。

最終更新:7/7(金) 15:00
聯合ニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ