ここから本文です

東京にもヒアリ上陸 大井ふ頭のコンテナ 1匹発見、卵なし

7/7(金) 6:00配信

スポニチアネックス

 東京都は6日、品川区の大井ふ頭で陸揚げしたコンテナ内から、南米原産で強い毒を持つヒアリ1匹を確認したと発表した。国内で見つかったのは神戸や名古屋、大阪などに次いで5カ所目で、関東地方では初めて。

 都や環境省によると3日、コンテナ業者が大井に返却されたコンテナを点検中、内部から生きたヒアリ1匹を発見。その場で熱湯をかけて殺処分した。連絡を受けた環境省が専門家に依頼し、ヒアリかどうかの確認を進めていた。見つかったのは1匹で、卵やさなぎは見つかっていない。

 コンテナは中国・広東省の港で積み込まれ、6月27日に大井に到着。30日に千葉県君津市に搬出し、積み荷が取り出された。作業中にアリは確認されておらず、刺されるなどの健康被害も出ていない。コンテナを降ろした貨物船は大井を出港後、横浜、千葉、名古屋、大阪、神戸に寄港し、台湾に向かったといい、環境省が追跡調査を続けている。