ここから本文です

最強の時短ズボラ飯爆誕! トロトロ玉ねぎの甘さ引き立つ「進化形炊飯器鶏」がお手軽でウマい

7/7(金) 13:31配信

ねとらぼ

 炊飯器を使ったほったらし調理法、「炊飯器鶏」の進化形がTwitterで話題を呼んでいます。お箸でほぐせるしっとりホロホロの鶏肉とトロトロ玉ねぎのコラボがたまらない……!

【画像で見る:「進化形炊飯器鶏」の作り方】

 レシピを考案したのは、これまでにも複数の炊飯器レシピを考案してきた、ななさん。最強の時短ズボラ飯と話題になり、投稿から約1カ月で10万6000件以上の“いいね”を獲得しました。

 早速調理していきましょう。用意するのは鶏肉、玉ねぎ、めんつゆ、ごま油、これだけ。まずは鶏肉を丸ごと炊飯器の中に入れます。次に玉ねぎの皮をむいてから、縦半分に切ってヘタを落とし、これをクシ切りにしてから炊飯器に入れます。

 最後にめんつゆとごま油を回しかけて炊飯ボタンを押せば完成。何という時短テクなのでしょうか……!

 さぁ早速炊き上がりを見てみましょう。鶏肉はしっとりホロホロに、玉ねぎはトロトロになっています。肝心のお味も、めんつゆがしっかりと鶏肉にしみていておいしいです! トロトロ玉ねぎの甘さとふんわり香るごま油もベストマッチですね。

 さらに今回は鶏肉、玉ねぎのベーシックな材料に、大根をくわえたアレンジも作ってみました。大根にもしっかりと味が染みていておいしいです! ご飯のお供にはもちろん、素うどんにトッピングしてみると、うどんだしと炊飯器鶏のタレがめちゃくちゃよく合います。これはたまらんなぁ……!

 ちなみにこの調理法は玉ねぎの水分を利用しているので、玉ねぎはできるだけ多めに入れると良いそうですが、分量が少ない場合は時折炊飯器を開けて、鶏肉が焦げ付かないか確認してみると安心ですよ。究極の時短ズボラ飯、ぜひ作ってみてくださいね。

最終更新:7/7(金) 13:31
ねとらぼ