ここから本文です

すすきの・ノルベサでお化け屋敷 全館でお化けメニューも /北海道

7/7(金) 17:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

札幌市営地下鉄南北線すすきの駅近く、ノルベサ(札幌市中央区南3西5)3階特設会場で7月7日から、「札幌お化け屋敷2017 恐怖のかくれんぼ屋敷」が開催される。主催は、HBC北海道放送。(札幌経済新聞)

1階北海道くらし百貨店で販売されている「血の涙ソフトクリーム」(410円)

 同イベントの開催は、今年で3回目。3年連続、お化け屋敷プロデューサー五味弘文さんが制作し、ストーリーとミッションを持たせたお化け屋敷となっている。同ストーリーは、2015年にインドネシア、2016年に沖縄でも開催されている。札幌では初登場となる。昨年の「黒いアサガオの家」は約3万人を動員した。

 同イベント開催記念として、ノルベサ全館で「お化けメニュー」も販売中。6階「監獄レストラン ザ・ロックアップ」は赤いパスタの上に卵を載せた「鮮血の一つ目小僧」(590円)、1階「北海道くらし百貨店」は選べる3種類のソフトクリームに、イチゴソースとお化けチョコレートがトッピングされた「血の涙ソフトクリーム」(410円)など12品のメニューが各店舗で提供されている。同イベントの半券を持参すると、割引が受けられるサービスも実施。

 HBC北海道放送の大澤風子さんは「一緒に入って誰かと仲良くなりたい、たくさん叫んですっきりしたい。そんな時にお化け屋敷がぴったり。ノルベサで暑い夏を感じてほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は16時30分~21時30分(土曜・日曜・祝日・7月25日~8月18日は13時30分~21時30分)。入場料は、当日券1,000円、ペアチケット1,900円。未就学児入学不可。9月3日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク