ここから本文です

日本ハム・エスコバーとDeNA・黒羽根がトレード 外国人1年目は初

7/7(金) 6:03配信

スポーツ報知

 DeNA・黒羽根利規捕手(30)と日本ハムのエドウィン・エスコバー投手(25)の交換トレードが成立し、6日に両球団から発表された。エスコバーは横浜市内の球団事務所で行われた入団会見で「チームを助けるためだったら、どんな仕事でもしたい」と決意を語った。

 外国人選手のトレード獲得について、高田GMは「左のリリーフ投手がもう1枚欲しいと現場からも要請されていた」と説明。エスコバーの背番号は62で、早ければ8日に出場選手登録される見込みだ。

 黒羽根は「神奈川出身で横浜育ち。横浜を離れるのはとてもさびしい気持ちがありますが、これからは日本ハムで活躍することがベイスターズ・ファンへの恩返し」とコメントした。

 ◆エドウィン・エスコバー(Edwin Escobar)1992年4月22日、ベネズエラ生まれ。25歳。09年にレンジャーズ入りし、14年にレッドソックスでメジャーデビュー。メジャー通算27登板で1勝2敗、防御率7・01。今季から日本ハム入りし、14登板で1勝2敗、防御率5・64。188センチ、102キロ。左投左打。年俸9000万円。

 ◆黒羽根 利規(くろばね・としき)1987年6月2日、横浜市生まれ。30歳。日大藤沢高から05年高校生ドラフト3巡目で横浜(現DeNA)に入団。今季は1軍出場はなく、イースタンで32試合に出場し、打率2割7分5厘、2本塁打、12打点。1軍通算成績は336試合で打率2割1分3厘、6本塁打、48打点。178センチ、88キロ。右投右打。年俸2000万円。

最終更新:7/16(日) 17:42
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 6:25