ここから本文です

【Girls S-cup】絶対女王・RENA判定勝ちでファンに謝罪「攻め切れなかった」

7/7(金) 23:11配信

東スポWeb

 立ち技系格闘技「シュートボクシング(SB)」の女子の祭典「Girls S-cup 2017」は7日、東京ドームシティホールで行われ“絶対女王”RENA(26)はイタリアのイリアーナ・ヴァレンティーノ(29)に判定勝利を収めた。

 2015年大みそかのRIZIN以来の再戦は、激しいパンチの打ち合いが続いた。相手のパンチを冷静に見極めたRENAはジワリジワリと間合いを詰めていくと、第2Rには前方への投げ技でポイントを奪取。

 第3Rではパンチでラッシュを仕掛け、背後からバックドロップを狙う場面もあった。試合は判定3―0で勝利したが、KO勝利を狙っていたRENAは「期待に応えられず、申し訳ないです」と集まった2344人満員の観衆に謝罪した。

【RENAの話】攻め切れなかった。今の私の欠点は冷静すぎること。逆にMMA(総合格闘技)の時はチャレンジ精神でいい結果が残せている。次はMMA? 10月に(RIZINの女子)トーナメントがあるので集中しないといけないと思っていますけど、このまま漬かるのかまだ分からない。トーナメントを優勝するとなると、すべてにおいてレベルアップしないと勝てないので、まだまだ優勝するとは言えません。

最終更新:7/7(金) 23:24
東スポWeb