ここから本文です

吉祥寺にボードゲームカフェ「キャラバンズ ベース」 ワンコインで遊べるエリアも /東京

7/7(金) 17:50配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 吉祥寺にボードゲームカフェ「CARAVAN'S BASE(キャラバンズ ベース)」(武蔵野市吉祥寺本町2、TEL 0422-27-2720)がオープンして1カ月が過ぎた。(吉祥寺経済新聞)

 ボードゲームに魅了され、自身でもゲーム制作を手掛ける店長の鴨志田さん。「数人でボードを囲み試行錯誤しながら進めていくボードゲームには、電子ゲームとは違った楽しさがある。この魅力をもっと広めていきたい」という思いで同店を開いた。

 店舗面積は約14坪。店内は7席のベースエリアと24席のプレーエリアに分かれている。ベースエリアには短時間で簡単にできるゲームを用意。プレーエリアでは店内にある全種類のゲームから自由に選んで楽しむことができる。

 ベースエリアは入店料500円(1ドリンク付き)で利用可能。プレーエリアの利用には入店料のほか、利用時間に応じた追加料金(2時間まで=1,000円、平日=最大1,500円、土曜・日曜・祝日=最大2,500円)が必要となる。ドリンクは、ビールやカクテルなどのアルコール=500円、ソフトドリンク=300円。フードの持ち込みは自由。

 用意しているゲームは約200種類だが、「定期的に増やしていく予定」という。陣取りゲーム「トーレス」やカードゲーム「ドミニオン」などの海外製をメインに、日本製や鴨志田さんが制作に携わった「わたしがママよ!」なども。「将棋のようなゲームや伝言ゲームなど、好みや人数に合わせて提案することもできる。ルールなどはスタッフが説明するので、気軽に来店してほしい」と鴨志田さん。

 初心者や1人での来店も多いという。鴨志田さんは「1人でも他のお客さまと相席で楽しんでいただける。初対面でも会話が弾みやすく、コミュニケーションツールになるのもボードゲームの魅力。ゲームをきっかけに新しい輪が広がればうれしい」とも。

 営業時間は17時~23時(土曜・日曜・祝日は11時~)。月曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク