ここから本文です

ドル113円後半、日銀の指し値オペ受け短期筋が円売り

7/7(金) 16:03配信

ロイター

[東京 7日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の113円後半。日銀の指し値オペ実施を受け海外短期筋によるドル買い/円売りが盛り上がり、ドルは一時113.83円まで上昇した。ただ、買いが一巡した後は伸び悩み、米雇用統計の発表を控えて、もう一段のドル買いには慎重になっているもようだ。

朝方のドル/円は、日経平均株価が100円超安で寄り付く中、113円前半での動きが続いていた。

10時過ぎには日銀が「5年超10年以下」「10年超」を対象に国債買い入れを通告。「5年超10年以下」では、買入予定額を5000億円と前回から500億円増額し、特定銘柄を無制限に購入する「指し値オペ」に踏み切り、金利上昇をけん制した。

指し値オペに対する応札は結果的にゼロだったが、オペの告知を受けて円売りが強まり、ドル/円は一時113.83円に急上昇した。

クロス円にもオペの余波が及び、ユーロ/円は129.30円付近から一時129.92円に、英ポンド/円は146.70円付近から一時147.62円付近に、それぞれ上昇した。

日銀の金融市場局は指し値オペについて「足元の長期金利が大きく上昇していることを踏まえ、10年物国債金利の操作目標を0%程度とする金融市場調節方針をしっかりと実現するよう実施した」と説明した。

ニッセイ基礎研究所のシニアエコノミスト、上野剛志氏は「日銀として、10年国債利回りが0.1%を明確に上回るような金利上昇は認めないという強い意志を発信したかったのだろう。日銀の緩和姿勢が示されたことで、ドル/円にはポジティブに働いた」と指摘している。

今夜には米雇用統計の発表を控えるが「指標発表にかけて、ドルは113円後半で底堅い動きになるのではないか」(邦銀)とみられている。「(雇用統計が)良好な結果なら、114円台への上昇もあり得る」(同)という。

ただ、113円後半から114円にかけては戻り待ちの売りが出やすいとみられている。

今夜は、米雇用統計のほか、G20首脳会議が予定されており、要人発言などが伝われば相場が反応する可能性もある。

また、米金融政策報告書の発表も予定される。従来、同報告書はイエレン議長の半期議会証言(12日)と同時の発表だったが、今回は前倒しで公表される予定だ。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 113.69/71 1.1406/10 129.68/72

午前9時現在 113.14/16 1.1419/23 129.20/24

NY午後5時 113.20/24 1.1422/24 129.28/32 

(為替マーケットチーム)

最終更新:7/17(月) 12:50
ロイター