ここから本文です

英国女スパイとドイツ軍将校が許されぬ恋に落ちる、リリー・ジェームズ主演作公開

7/7(金) 16:00配信

映画ナタリー

「シンデレラ」「高慢と偏見とゾンビ」で知られるリリー・ジェームズの主演作「The Exception」が、「偽りの忠誠 ナチスが愛した女」の邦題で公開決定。YouTubeで予告編が解禁となった。

【写真】「偽りの忠誠 ナチスが愛した女」(他10枚)

ナチス政権下を背景に、イギリスの女スパイとドイツ軍将校の許されぬ恋が描かれる本作。正体を隠しメイドとして働く謎の美女ミーケを演じたジェームズは、ヌードも辞さない体当たり演技で大胆なラブシーンに挑んだ。またミーケと恋に落ちるドイツ軍将校大尉・ブラント役で「スーサイド・スクワッド」のジェイ・コートニー、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世役で「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーが出演している。舞台演出家デヴィッド・ルヴォーは本作で長編映画監督デビューを飾った。

予告編には激しく惹かれ合うミーケとブラントの姿が。しかしミーケの正体と極秘任務が明らかになるにつれ、2人はそれぞれ過酷な決断を迫られることとなる。

「偽りの忠誠 ナチスが愛した女」は、東京・新宿シネマカリテにて開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」内で7月28日より上映。

(c)2016 Egoli Tossell Film

最終更新:7/7(金) 16:00
映画ナタリー