ここから本文です

Appier、マーケター向けのAIプラットフォーム「AIXON」を日本で提供開始

7/7(金) 15:56配信

ITmedia マーケティング

 人工知能(AI)テクノロジー企業のAppier(エイピア)は2017年7月5日、AIによるオーディエンス分析を可能にするデータインテリジェンスプラットフォーム「AIXON(アイソン)」を日本市場に向けて提供開始した。

 企業はAIXONを使うことで特定のオーディエンスデータを出力し、 自社のCRMシステムと連携したり、 Appier Cross X プログラマティックプラットフォームなどの広告配信プラットフォームを通じてマーケティング施策を展開することができる。

 具体的には、ECや定期購読などのビジネスを営む企業がコンバージョンの可能性の高いユーザーを特定したり、コンテンツマーケティングの担当者がユーザーの興味を引くトピックを発見してコンテンツ戦略を最適化するといった利用方法が想定される。あるいは、有料契約の解約やモバイルアプリのアンインストールなどを未然に防ぐといった用途にも活用可能で、新規開拓、リーチ拡大、リテンション(顧客維持)といったさまざまな目的でマーケターの業務を支援する。

・9つの予測分析モデル
・コンバージョン予測
・キャンペーンレスポンス予測
・類似ユーザー
・離脱予測
・ユーザー分析
・クロスデバイスリーチ
・ファネル分析
・購入までの時間予測
・キャンペーン効果予測

 自社の用途に最適なAIをスクラッチ開発することは企業にとって時間的にも金銭的にも負荷が高い。技術的な知識を必要とせず操作が分かりやすいのもAIXONの特徴だ。

 また、AIXONは企業が保有するあらゆるデータをAppierが保有するアジアの約20億のデバイスを通じて収集したデータ(消費者の行動や嗜好に関するもの)と統合可能。フォーマットの異なるオーディエンスデータを自動的にクレンジングして一元化し、予測分析に適したデータセットを自動的に加工してくれるのも大きな強みだ