ここから本文です

鷲尾真知子 夫悲劇の転落死も気丈に舞台 唇かみしめ無言で車乗り込む

7/7(金) 16:18配信

デイリースポーツ

 6日に舞台上から転落し、亡くなった俳優・中嶋しゅうさん(享年69)の妻で女優の鷲尾真知子(68)が7日、当初の予定通り、東京・明治座で行われた舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(8月6日まで)の初日公演に出演した。

【写真】中嶋しゅうさん転落死…近年の主な舞台の事故は

 午前10時45分ごろに車で会場入り。正午からの舞台に出演した。横浜の遊郭「岩亀楼」の女中・お咲役。異人からのチップをもらってウハウハ顔を見せたり、コミカルな場面では笑顔も作った。カーテンコールにも姿を見せ、観客に笑顔を見せるなど、気丈に務め上げた。

 終演から約30分後の午後3時45分ごろタクシーに乗り、唇をぐっとかみしめた表情で、無言で会場を後にした。この日は昼の部の1回公演だった。所属事務所は「舞台は最後まで出演します」とだけ説明。葬儀などについては「まだ決まっていません」とした。

 鷲尾は6日深夜、公式サイトで「中嶋本人も連日稽古に励み、開幕を楽しみにしていた公演初日に、このような事態となりましたこと、共演の皆様をはじめとする関係者の皆様、ファンの皆様に、妻として、深くお詫び申し上げます。そして、私自身も本日7月7日に初日を迎える明治座での公演がございます。それぞれ1日違いで開幕する舞台でしたので、中嶋とも互いに励まし合いながら、ここ数週間を共に過ごして参りました。まだ私自身が信じられない気持ちの中におりますが、今はただ、公演初日から千秋楽まで、無事に務め上げることに集中したいと思っています。中嶋もそうすることを一番に願っていると思います」と心境をつづっていた。

 中嶋さんは6日午後10時、救急搬送された病院で息を引き取った。