ここから本文です

アングル:山は動くか 金融庁が「脱貯蓄」草の根プロジェクト

7/7(金) 18:23配信

ロイター

[東京 7日 ロイター] - 「貯蓄から投資へ、貯蓄から資産形成へ」―─政府が20年にわたって掲げてきたスローガンの実現に向け、金融庁が新たな取り組みをスタートさせた。

家計の保有金融資産1809兆円のうち半分以上が現・預金に滞留する現状をどう変えていくか。眠る個人マネーを金融市場へ誘導するため、民間金融機関やマスメディアを経由せず、個人投資家に直接アプローチする異例のプロジェクトだ。

<「草の根」ブロガー・プロジェクト>

6月29日夜、金融庁庁舎の一室にピンクのTシャツ姿の若者など、多彩な顔ぶれが集まった。ソーシャルメディアのブログやツイッターで投資信託や資産運用に関する情報発信を行う投資ブロガーや個人投資家たちだ。

金融庁によると、総務企画局で税制を担当する職員がNISA(少額投資非課税制度)の設計過程で知り合った投資ブロガーらの声を生かしたいとの思いから、試験的にスタートした個人投資家との意見交換会。今回が3回目になる。

同局幹部は「最初はどんなものかと思いつつやってみたら、積み立てNISAの話題も参加した人たちが毎回しっかりしたブログを書いてくれてアクセス数もあった。盲点だったが、すごく強力なチャネルかもしれないと思った」と手ごたえを語る。

何より驚いたのが、参加者の熱意だ。例えば「積み立てNISA」について、金融業界内には「儲からない仕組み」など冷めた声もある中、「預貯金にこり固まった日本の家計金融資産の山を動かしたいと純粋に思ってくれる人が相当数いて、NISAはこうした方が皆に使ってもらえるなどと言ってくれる。そういう人の話を吸い上げることが制度の普及につながると思う」と同幹部は力を込めた。

<有力ブロガーを味方に>

金融庁の思惑通り、意見交換会終了後には続々と口コミ情報が発信されている。

このうち「安房」のハンドルネーム(HN)で活動するブロガーの男性(30代)は当日、金融庁の会議室から会合の模様をツイッターで実況中継。さらに終了後には「イベントは金融庁長官の意向が働いているのかと思ったが、もう少し下の担当者の発案らしく、ちょっと意外。逆に長官が代わっても金融庁の実務レベルの方針はそれなりに維持されるかもしれず、また実務担当者レベルで投資家の話に耳を傾け政策に反映させる志向があることは非常に頼もしい。声を伝えるチャンスなので、是非また参加したい」とブログに書き込んだ。

また「あきんこ」のHNを持つ女性ブロガー(20代)は、NISAやジュニアNISAがまだ一般に浸透していないと指摘した上で、「金融庁は今までの取り組みでは一般の人に広まらないだろうと思い、個人投資家を呼んでブログやSNSで広めてもらおうとしていると感じた。若者はテレビや新聞離れもあるから、違った宣伝が必要」と感想を述べている。

さらに、HN「虫とり小僧」で活動する男性ブロガー(30代)は「既に決まっている制度は簡単に変わらないと思うが、庶民の声を『お上』たる金融庁に届けるのは大切なこと。金融庁サイドから参加した複数の幹部の方たちもしっかり耳を傾けてくれた」と書くなど、参加者にも好評だったようだ。

<金融庁長官がブロガー団体にレター>

今回の取り組みは、強い指導力で金融界改革に取り組む森信親長官率いる金融庁がトップダウンで進めるものではなく、あくまでも現場の発案。だが、森長官自身も個人投資家との縁は決して浅くない。

森長官は1月、「投信ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤー」の表彰式に向けて約1200字に及ぶ激励メッセージを送り、会場に集まったブロガーたちを驚かせた。前代未聞のことだ。

この中で森長官は「投資家自身が投資信託の質の向上に向けた取り組みを進めることはとても有意義」だとして、「顧客の目線に立って広く発信する運動を更に深化させて」ほしいと呼びかけた。さらに「今後も金融行政に対し、個人投資家の皆様から忌憚なきご意見を頂戴」したいと結んでいる。

今後について、前出の金融庁幹部は「こういう会は制度化してしまうとつまらないが、反応がある限りは続けたい」として、今月26日に4回目を企画中だと明かした。「ガバナンス改革が少しずつ動き出したように、家計金融資産の山も動き出して欲しい」と意気込む。

フィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史所長は「森長官が旗を振って収入から投資へという資産形成の流れを作ろうという金融庁の取り組みは評価している。方向性としては良いので、あとは金融業界がそっぽを向かないよう、むしろ取り込んで一緒に動こうという進め方が良いのではないかと思う」と述べた。

(植竹知子 編集:石田仁志)

最終更新:7/17(月) 21:41
ロイター