ここから本文です

桃田、バド全日本実業団選手権1次Lで連勝し決勝T進出

7/7(金) 6:06配信

スポーツ報知

 バドミントンの全日本実業団選手権は6日、秋田市内で1次リーグが行われ、桃田賢斗(22)が所属するNTT東日本はTOTO、イチミヤグループにいずれも5―0で完勝。7日からの決勝トーナメントに駒を進めた。桃田もシングルスの1番手として2試合に出場しストレートで勝利した。

 昨年は自身の違法賭博関与によるチームの活動自粛もあり、今大会は1次リーグからの参戦。「昨年はいろいろな方に迷惑をかけた。その分も頑張らないといけない」と試合ではネット際に落とすヘアピンショットを何度も決めて会場を沸かせた。翌週にはカナダオープン(11日開幕、カルガリー)も控えるが「特に意識はせず、まずはこの大会を自分が全勝して優勝に貢献したい」と決意を語った。

最終更新:7/23(日) 1:30
スポーツ報知