ここから本文です

メルケル氏「信頼できる」=G20の大半でトランプ氏上回る―米調査

7/7(金) 14:47配信

時事通信

 【ワシントン時事】米調査機関ピュー・リサーチ・センターは7日までに、国際問題に関する首脳への信頼度を問う世論調査結果を公表し、20カ国・地域(G20)の大半でドイツのメルケル首相がトランプ米大統領を上回ったと明らかにした。

 
 調査は、G20のうち中国などを除く17カ国で2月中旬から4月下旬にかけて、各国900~2500人を対象に行われた。それによると、ロシア、インド、南アフリカ以外の14カ国でメルケル氏を「信頼できる」と回答した人が、トランプ氏より多かった。

 このうちドイツでは、メルケル氏の81%に対しトランプ氏は11%。フランスや韓国でも50ポイント超の大差がついた。日本ではメルケル氏が67%、トランプ氏が24%だった。

 トランプ氏を信頼する人は「地元」の米国でも46%にとどまり、メルケル氏の56%に及ばず。ただ、共和党支持者に限ればトランプ氏が89%と、メルケル氏の50%を上回り「支持政党による差が鮮明」(同センター)だった。 

最終更新:7/7(金) 14:59
時事通信