ここから本文です

中沢が初受賞=J1月間MVP

7/7(金) 15:31配信

時事通信

 Jリーグは7日、6月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、J1は横浜MのDF中沢佑二が初受賞した。39歳の中沢は無失点での3連勝を支え、フィールド選手として139試合連続フル出場のJ1記録に並んだ(7月に記録更新)。J2は湘南のGK秋元陽太が初選出。

 J1月間ベストゴールは、C大阪のMF山口蛍が6月25日の仙台戦で、後半23分に決めた得点が選ばれた。こぼれ球に走り込み、相手選手のスライディングをかわしながら鮮やかに決めた。 

最終更新:7/7(金) 15:35
時事通信