ここから本文です

ピコ太郎に外務省からオファー、“とても難しい歌詞”のPPAP完成

7/7(金) 17:24配信

お笑いナタリー

外務省の取り組みの1つ「SDGs(Sustainable Development Goals)」をPRする動画「PPAP(Public-Private-Action-for-Partnership)× SDGs」が本日7月7日にYouTubeで公開され、ピコ太郎が出演している。

【写真】動画「PPAP(Public-Private-Action-for-Partnership)× SDGs」のワンシーン。(他2枚)

2030年に向けて世界規模で取り組まれている「SDGs」は、「貧困をなくす」「持続可能な農業を推進する」「ジェンダーの平等を達成する」といった17の“持続可能な開発目標”を総括したもの。日本の外務省が掲げているSDGsのスローガンがPPAP(=Public Private Action for Partnership)であることから、ピコ太郎がPR動画に起用された。

映像では、ピコ太郎がSDGsをモチーフにしたPPAPを披露。「とても難しい歌詞になっちゃいましたが、歌えるとスカッとしますのでぜひとも世界の方々に歌ってもらえるとうれしいでスピン!」とコメントしている。

最終更新:7/7(金) 17:24
お笑いナタリー