ここから本文です

18年間家を出たことがない少女と隣人少年の恋描く「エブリシング」公開

7/7(金) 18:03配信

映画ナタリー

NYタイムズベストセラーにて1位を獲得したニコラ・ユンの小説を実写化した「Everything, Everything」が、「エブリシング」の邦題で公開決定。YouTubeで予告編が解禁となった。

本作は、重度の免疫不全(SCID)により、完全に滅菌された家の中でしか過ごせない少女マデリンと、隣に引っ越してきた少年オリーの恋を描くラブストーリー。「ハンガー・ゲーム」のアマンドラ・ステンバーグがマデリンに扮し、「ジュラシック・ワールド」のニック・ロビンソンがオリーを演じる。新鋭のステラ・メギーがメガホンを取り、脚本は「アデライン、100年目の恋」のJ・ミルズ・グッドローが手がけた。

予告編には、マデリンとオリーが窓越しに顔を合わせながらメールを交わす様子やオリーがマデリンの家を訪れるさま、初めてのキスなど2人が惹かれ合うさまが映し出されていく。そしてマデリンがオリーと海を見に行くため、初めて外の世界へ飛び出していくさまも収められている。

「エブリシング」は、8月5日より東京・新宿ピカデリーほか公開。

(c)2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

最終更新:7/7(金) 18:03
映画ナタリー