ここから本文です

阪神ドラ2小野、プロ初勝利またもお預け 試合つくるも…「粘り切れなかった」

7/7(金) 20:05配信

デイリースポーツ

 「阪神-巨人」(7日、甲子園球場)

 先発した阪神ドラフト2位・小野泰己投手(富士大)は、6回を投げて9安打3失点で降板した。2点のリードを許す展開。今季7度目の先発(0勝4敗)で、またもプロ初勝利はお預けとなった。

【写真】阪神新助っ人は人気お笑い芸人にソックリ?本人も「似ているかも」

 初回、長野、坂本に安打を浴びると、2死二、三塁で村田との対戦。追い込んでから外のフォークでタイミングを外した。打ち取ったかに見えたが、ボテボテのゴロは三塁ライン際へ。鳥谷が捕球したが、一塁には投げられなかった。不運な内野安打で先制点を失うと、さらに2死満塁から中井の中前適時打で2点目を献上した。

 五回には、先頭のマイコラスに左中間を破る二塁打を浴び、2死一、二塁から阿部に右前適時打を許した。好調な打線を相手に6回3失点と粘ったが、打線はマイコラス相手に沈黙した。

 「今日の試合ではボールが高くなってしまい、課題にしていた立ち上がりに失点を許してしまいました。2回からはランナーを出しながらも併殺打などで粘れた部分もありましたが、これ以上失点が許されない場面で、先頭のマイコラス投手に長打を打たれてしまい、粘り切ることができず3点目を取られてしまいました。チームにいい流れを呼ぶような投球ができずに申し訳ないです」

 このまま負け投手となると、阪神の新人選手としては1988年の野田浩司以来の開幕5連敗となる。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/27(木) 5:50