ここから本文です

90秒で20人仕留める!?「ジョン・ウィック:チャプター2」壮絶シーン公開

7/7(金) 18:30配信

映画ナタリー

本日7月7日に封切られた「ジョン・ウィック:チャプター2」より、本編映像がYouTubeで公開された。

【写真】「ジョン・ウィック:チャプター2」本ポスタービジュアル(他18枚)

キアヌ・リーヴス演じる元殺し屋ジョン・ウィックが再び復讐に乗り出す本作では、物語の舞台がアメリカからイタリアへ。公開された本編映像は、ローマの世界遺産カラカラ浴場で開かれたパーティ会場にてジョンが壮絶な戦いを繰り広げるシーン。大音量のクラブミュージックが流れる中、ジョンは銃撃とカンフーや柔術が融合した“ガンフー”を駆使して約90秒の間におよそ20人もの敵を次々と倒していく。

本作の撮影のために実弾3万発以上を撃ってトレーニングを積んだリーヴス。大勢の敵に追われてもヘッドショットで1人ひとり確実に仕留めるなど、ジョンが“伝説”と呼ばれるゆえんを体現している。また監督のチャド・スタエルスキは、「『撃ちましたよ』『殺されましたよ』といった流れをワンフレームの中に収めたかったのです。ワンカットで収められるアクションと言えば、つかみ技があります。そこで柔道や柔術、合気道といった素手での戦いというアイデアが出てきたので、ロングテイクで収めるためにこうしたアクションを応用しようという発想に至りました」とガンフーに込めたこだわりを明かした。

「ジョン・ウィック:チャプター2」は東京・TOHOシネマズ みゆき座ほか全国で公開中。なお本作はR15+指定となっている。



(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (c)Niko Tavernise

最終更新:7/7(金) 18:30
映画ナタリー