ここから本文です

九州豪雨、死者15人に 8日も局地的に激しい雨の恐れ

7/7(金) 21:04配信

朝日新聞デジタル

 九州北部を襲った記録的な豪雨で、福岡、大分両県での死者は7日、さらに増え、計15人になった。救助活動が進み、被害状況が少しずつ明らかになっているが、両県ではなお多くの人が孤立し、連絡の取れない人もいる。九州北部では8日も局地的に激しい雨になる恐れがあり、気象庁が警戒を呼びかけている。

【写真】土砂や流木が流れ込んだ家の付近で行方不明者を捜索する自衛隊員や警察官ら=7日午後2時26分、福岡県東峰村、朝日新聞社ヘリから、内田光撮影

 最も死者が多いのは福岡県朝倉市。市内の川岸で7日午前10時半ごろ、消防団員が樋口健太さん(21)の遺体を見つけた。朝倉市黒川では3人の遺体(男女不明)が見つかった。ほかに2人も見つかり、朝倉市での死者は10人になった。

 川の氾濫(はんらん)や土砂崩れ、流木などで道路が寸断され、救助部隊は近づけず、ヘリコプターなどを使って救助を進めた。市の説明では午後9時現在、孤立しているのは1人。ただ、10人の行方がわかっていない。市内の避難所には776人が避難している。

 朝倉市の東隣にある東峰村では7日午後、2人の遺体が見つかった。村の午後8時現在のまとめでは、村内では104世帯313人が孤立状態にあるほか、630人が避難所に避難している。

 大分県日田市二串の田んぼでは7日午前9時40分ごろ、住民が女性の遺体を発見。県警は6日に遺体で見つかった矢野英俊さん(79)の妻(70)とみて確認している。日田市での死者は3人になった。

 福岡県によると、午後6時現在、朝倉市、添田町の2万1703世帯5万5342人に避難指示が出ている。家屋の全壊や浸水などの被害は計215件。

 大分県は、午後3時半現在で10~90代の男性5人女性7人の計12人と連絡が取れていないと発表。避難指示は日田市の約1万2千世帯約4万人に出されている。避難者は午後0時半現在、日田市、中津市などで137世帯313人。家屋の被害は計135件。

 政府は7日、警察、消防、自衛隊による救助態勢を7800人から1万2千人に増強した。内閣府の松本洋平副大臣は7日、朝倉市の災害現場を視察。激甚災害指定について「できる限り早く指定できるようにしていきたい」と述べた。


     ◇

 今回の豪雨災害で亡くなり、身元がわかったのは次の方々。

 【福岡県】朝倉市杷木松末、藤本哲夫さん(66)▽同、樋口健太さん(21)▽朝倉市山田、加藤年彦さん(87)▽同、加藤幹子さん(85)▽朝倉市宮野、浦塚茂弘さん(70)

 【大分県】日田市小野、山本岳人さん(43)▽日田市鶴河内、矢野英俊さん(79)

朝日新聞社