ここから本文です

sumika、地元川崎のバスケチームに新曲「選手の皆さんの力強い足音を、音楽に」

7/7(金) 19:42配信

音楽ナタリー

sumikaの新曲「アイデンティティ」が、日本プロバスケットボールリーグのチーム・川崎ブレイブサンダースの「2017-18 シーズン応援ソング」に決定した。

【写真】sumika「Familia」ジャケット(他1枚)

川崎ブレイブサンダースは、sumikaの地元である川崎を本拠地としているチーム。バンドは今年3月に「2016-2017 シーズン応援ソング」として「雨天決行」を提供していた。新たな応援ソングである「アイデンティティ」について、メンバーは「他の誰とも似ていないその足音達が、ふとした瞬間に重なって、奇跡を生み出してゆく。試合を観戦させて頂いた後に、鼓膜の奥で鳴り止まなかった選手の皆さんの力強い足音を、音楽にしました」とコメントしている。

なお「アイデンティティ」は、7月12日にリリースされる1stフルアルバム「Familia」に収録される。YouTubeではアルバムに収められる全曲を試聴することができるトレイラー動画を公開中。

sumika コメント
「自分の可能性を信じて歩んでいる人の足音には、計り知れないパワーがある」
他の誰とも似ていないその足音達が、ふとした瞬間に重なって、奇跡を生み出してゆく。
試合を観戦させて頂いた後に、鼓膜の奥で鳴り止まなかった選手の皆さんの力強い足音を、音楽にしました。

選手の皆さん、サポーターの皆さんにとって、
心の中にしまって、いつでも取り出せる、お守りのような歌になってくれますように。

最終更新:7/7(金) 19:42
音楽ナタリー