ここから本文です

仏Japan Expoで劇場版ポケモン上映、松本梨香が観客3000人と「キミにきめた!」

7/7(金) 20:12配信

映画ナタリー

フランスのパリで開催中の「Japan Expo 2017」にて、現地時間7月6日に「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のワールドプレミア上映が行われ、サトシ役の松本梨香、監督の湯山邦彦、ピカチュウが登壇した。

【写真】「Japan Expo 2017」トークセッションの様子。(他8枚)

「劇場版ポケットモンスター」の第20弾となる本作。テレビアニメ第1話で描かれたサトシとピカチュウの出会いを起点に、旅立ちの日に誓ったホウオウがいる場所を目指すという約束の続きが完全オリジナルストーリーで描かれる。松本のほか、本郷奏多、佐藤栞里、山寺宏一、中川翔子、古田新太がキャストに並ぶ。

日本での公開を前にポケモン映画が海外で披露されるのは今回が初ということで、会場には約3000人の熱狂的なファンが集結し、立ち見が出るほどの大盛況となった。上映後の舞台挨拶に登場した湯山が「初めまして! 私が湯山です。元気ですか?」と挨拶すると、会場からは「元気です!」と割れんばかりの大きな声が上がる。湯山は「フランスのお客さんは、笑ったり手をたたいたり、反応がはっきりしていて面白かった」と感想を述べた。

松本は「世界中で各地の声優さんたちが今日もサトシをお客さんに届けてくれている。世界中のサトシに『ありがとう』と伝えたい」と感謝し、「今日はみんなに生の声を届けたいです! 準備はいいかな? ポケモン、ゲットだぜ!」と場内を盛り上げる。客席からの大きな反響を肌で感じた松本の目には、うっすらと涙が浮かんだ。

松本が映画のオープニング主題歌「めざせポケモンマスター -20th anniversary-」を歌う頃には、場内の盛り上がりはピークに。最後は観客と一緒に「キミにきめた!」コールをして、イベントは終了した。

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は7月15日より全国ロードショー。



(c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (c)Pokemon (c)2017 ピカチュウプロジェクト

最終更新:7/7(金) 20:12
映画ナタリー