ここから本文です

広島・新井が代打逆転3ラン「回ってくる予感あった」 ミラクル広島、九回一挙6点

7/7(金) 21:59配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト8-9広島」(7日、神宮球場)

 広島が九回、5点差をひっくり返す大逆転劇を見せた。

【写真】緒方監督の女子高生次女は母親似の美少女だった

 3-8と敗色濃厚な九回。先頭・バティスタの左中間への6号ソロがのろしだった。この回からマウンドに上がった4番手の小川に一気に襲いかかった。1死後、菊池が左越えへの6号ソロ。2死一塁から松山の適時二塁打を放ち、2点差に。さらに西川が内野安打でつなぎ、ここで代打として登場したのがベテランの新井だ。

 2ボール1ストライクからの4球目、ストレートを振り抜くと、センターバックスクリーンを直撃する逆転3ランでミラクルを完結させた。

 新井は試合後のインタビューで開口一番、「正直、回って来るんじゃないかという予感はしてました」と明かした。「(西川)龍馬がよく打って回してつないでくれましたし、みんながつないでつないで回してくれたので、何とかしたいと思ってバッターボックスに入りました」と打席での心境を振り返った。

 「手応えはあったので、入ってくれるだろうと思いました」という会心の一打。最後は「ファンの方の声援と、回してくれたチームメートが打たせてくれたホームランじゃないかなと思います」とベテランらしく答え、真っ赤に染まったスタンドを大いに沸かせていた。