ここから本文です

中嶋しゅうさんの妻・鷲尾真知子が舞台初日、心労をうかがわせる場面も

7/7(金) 14:18配信

スポーツ報知

 6日夜、公演中に舞台から転落し、搬送先の病院で死亡が確認された俳優・中嶋しゅうさん(享年69)の妻で、女優・鷲尾真知子(68)が7日、東京・浜町の明治座で舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」に出演した。

 舞台は大地真央の主演で正午に開幕。鷲尾は、遊郭のやり手・お咲役で始まって約40分後に姿を見せた。観客にも転落事故の件を知っている者が多く、わずかに観客席がざわつく反応があった。

 しかし、鷲尾はコミカルに動き回る役を気丈に演じている。ただ、ほとんど一睡もできずに楽屋入り。昨日まで普通に出ていた声がかすれ、ガラガラになる場面もあり、相当な心労をうかがわせた。また、鷲尾も出席して主要出演者が初日公演後に囲み取材を予定していたが、中止となった。

最終更新:7/7(金) 17:16
スポーツ報知