ここから本文です

不振「月9」など「まだ元気がない」とフジ新社長…ゴールデン、プライム帯低調

7/7(金) 15:20配信

スポーツ報知

 フジテレビの定例社長会見が7日、東京・台場の本社で開かれた。

 退任した亀山千広社長(60)に代わって就任した宮内正喜社長(73)にとって、初の定例会見。同局の看板ドラマ枠「月9」が、4月クールの「嵐」相葉雅紀(34)主演の「貴族探偵」最終回も9・8%の平均視聴率に終わるなど、ゴールデン、プライム帯の番組が不振なことについて、「ゴールデン、プライム帯はまだ元気がない。現場にハッパをかけているところです」と話した。

 新任の石原隆取締役は「月9」について、「平均で10%を超えることができなかったのは残念だったが、相葉さん始め宣伝にも大いに頑張っていただいた」とねぎらった。

最終更新:7/7(金) 19:28
スポーツ報知