ここから本文です

中嶋しゅうさん死去の舞台「アザー・デザート・シティーズ」、11日の公演も中止

7/7(金) 20:50配信

スポーツ報知

 6日の公演中に、俳優の中嶋しゅうさん(享年69)が舞台から転落し、急性大動脈解離で亡くなった、女優・寺島しのぶ(44)主演の舞台「アザー・デザート・シティーズ」(東京・豊島区の東京芸術劇場シアターウエスト)が、11日の公演も中止することが7日、わかった。舞台を主催する梅田芸術劇場(大阪市)が発表した。

【写真】顔をふせてタクシーで会場を後にする妻の鷲尾真知子(右)

 同舞台は6日に7~9日の公演中止が発表されていたが、11日についても追加で中止が決まった。(10日は休演日)

 なお、12日以降の上演予定については10日の正午に改めて発表される予定。チケットの払い戻しの詳細については梅田芸術劇場のホームページで案内している。

 中嶋さんは6日午後7時に開演した公演で、午後8時10分頃、寺島らとの共演中に、約1メートル下部の客席に転落した。ステージ上に座った状態から立ち上がって演技をする際、何らかの原因によってバランスを崩し、転落したとみられていた。

 寺島は中嶋さんのもとへ駆け寄って救急車を呼ぶようスタッフに要請。観客はロビーで一時待機するよう案内されたが、後に中止が決定。中嶋さんは担架で運ばれ、救急車で病院へ搬送されたが、午後10時頃に死亡が確認された。

 そして7日夜、所属事務所が中嶋さんの死因が「急性大動脈解離」だったと発表した。

 東京都出身で劇団NLT出身の中嶋さんは、舞台を中心に活躍。ダンディーなルックスと声で現代劇から古典まで演じこなす演技派として、多くの演出家に請われ「屋根の上のバイオリン弾き」「リア王」などに出演。自ら演出も手掛けた。映画でも「影武者」「乱」など黒澤明監督作品の常連で、近年はテレビドラマでも活躍。2010年には紀伊国屋演劇賞を受賞していた。

 今回の舞台では寺島演じるヒロインの父親という重要な役どころ。稽古が始まった5月下旬から現在まで健康状態などに変わった様子はなかったという。26日まで東京公演、29~31日に大阪公演が予定されている。

 また、中嶋さんの妻で、女優の鷲尾真知子(68)は同日、東京・浜町の明治座で初日を迎えた舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」に出演した。

最終更新:7/7(金) 23:06
スポーツ報知