ここから本文です

天風、26歳の誕生日に再入幕誓う 七夕の短冊に「また優勝できますように」

7/7(金) 21:06配信

スポーツ報知

 大相撲の東十両7枚目・天風=尾車=が7日、26歳の誕生日を迎え再入幕を誓った。

 愛知・瀬戸市の部屋で稽古後、報道陣からケーキで祝福された“角界のあまちゃん”は、口を目いっぱい開けてケーキにかぶりつき「おいしいです」と目を細めた。名古屋場所(9日初日・愛知県体育館)に向け「たくさんの白星が欲しい。七夕だけにね」と願いを込めた。

 七夕生まれで、しこ名の由来も天の川から。今年の七夕の短冊には「また優勝できますように」と願いを書き込んだという。昨年の名古屋場所では自身初の十両優勝を果たし、場所後に新入幕を果たした。「25歳はいろんなことを経験できた。幕内に返り咲いて26歳はもっと上の思い出を作れるように」と飛躍の年に設定する。

 先場所は場所中に右腕を肉離れを発症した。思うように力が入らない中、終盤戦を5連勝で締めて9勝6敗。苦しい中でも勝ち越したことは自信にもなった。「まだ違和感があるけど、だいぶ良くなっている」と右腕の状態も回復傾向だ。狙うは2度目の十両V。「去年がたまたまじゃないことを証明したい」。26歳初陣の名古屋でロケットスタートを切るつもりだ。(秦 雄太郎)

最終更新:7/7(金) 21:42
スポーツ報知