ここから本文です

【巨人】マイコラス、8回4安打1失点で7勝目…打っても二塁打&激走生還

7/7(金) 21:25配信

スポーツ報知

◆阪神―巨人(7日・甲子園)

 巨人先発のマイコラスは、8回4安打1失点で7勝目を挙げた。

 初回、上本に4号ソロを許したが、2回から6回までは無安打1四球投球。7回は先頭の糸井、福留に連打を浴びたが、後続を抑えた。8回1死では代打・高山に右中間二塁打を許したが、その後進塁させず。結局阪神打線に三塁を踏ませない快投。試合後のヒーローインタビューでは「失投はいくつかあったが、バックにも助けられた。試合を通して調子も良かったし、気合いも入ったし最後までいけた」と振り返った。

 マイコラスは、打っては5回に先頭打者として左中間二塁打で出塁。さらに2死一、二塁で阿部の右前適時打で二塁から激走で生還した。「投球以外にも細かいところは常に準備している。バッティング、ベースランニングも練習している。それがいい結果に繋がった」と話していた。

 抑え込まれた阪神・金本監督は「今日のマイコラスは皆さん見て分かるように、今年対戦した投手で一番良かった。ストレートのキレもカット気味のスライダーも。あれだけのキレを見せられると今日は難しかったなと思える。今日は打線は責められない。相手が素晴らしすぎた」とコメントした。

最終更新:7/7(金) 22:59
スポーツ報知