ここから本文です

【日本ハム】北海道移転後最多タイ借金17…3位・西武と12.5差に

7/8(土) 8:04配信

スポーツ報知

◆日本ハム1―4ソフトバンク(7日・札幌ドーム)

 日本ハムが7日のソフトバンク戦(札幌D)に敗れ、今季5度目の4連敗を喫した。借金は北海道移転後ワーストタイの17まで膨れあがり、CS出場圏内の3位・西武とのゲーム差は12・5に広がった。

 なりふり構わず栗山英樹監督(56)は勝負手を打ったが、勝利にはつながらなかった。3点ビハインドの6回1死二、三塁。試合の中盤で代打に大谷を送り出した。二刀流にとっては左太もも裏肉離れから復帰後初の本拠地・札幌Dでの打席。この日一番の大歓声が沸き起こったが、この場面から登板した左腕・嘉弥真の前に左飛に倒れた。

 続いて代打の切り札・矢野が起用され、四球を選び満塁となった。しかし、最後は中島が遊ゴロに倒れ、1点も奪えなかった。試合後、指揮官は「みんな一生懸命やっているけど、結果的に勝てていないのはこっちの責任」と悔しさをにじませた。

 投打の歯車がかみ合わない。先発・有原が4回までに4失点。5回以降は立ち直り、9回まで投げ抜いたが、打線は5回以降3度あった得点圏の好機で無得点と沈黙。栗山監督は「とにかく勝つために一生懸命やっていく」。浮上への流れを作るためにも、まずは8日の試合で連敗を止めたい。

最終更新:7/16(日) 17:40
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 8:25