ここから本文です

国内初TVドラマキャラクターAIが誕生 高畑充希『カホコ』と会話

7/7(金) 11:34配信

オリコン

 日本テレビは、NTTレゾナント、株式会社フォアキャス・コミュニケーションズの協力のもと国内初となるテレビドラマのキャラクターのAIを制作された。女優・高畑充希が主演する日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜 後10:00)と連動させ、主人公・カホコの『AIカホコ』が誕生。きょう7日よりLINE上で視聴者との会話が可能となった。

【写真】ドラマとAIカホコの会話がリンク

 同ドラマは『家政婦のミタ』などで知られる脚本家・遊川和彦氏が手がけ、アルバイト経験もナシ、一人で起きれず、毎日の洋服も母親が決める『奇跡の純粋培養人間』カホコが自分と正反対の人生を送ってきた青年・初(竹内涼真)と出会い、
自分の中に眠っていた本当の力を目覚めさせてゆき、家族の問題を解決してゆく・・・というホームエンターテインメント。

 『AIカホコ』は純粋無垢なカホコのキャラクターで回答し、やりとりを重ねながら学習していき、徐々に自然な会話をしていく。また毎週放送後にはその回の出来事がカホコから送られるなど同時進行で楽しむことができるという新しい試みだ。

 コミュニケーションアプリ『LINE』の、QRコードもしくは、「友だち追加」から「AIカホコ」と検索。『AIカホコ』は9月30日まで友達になることができる。

最終更新:7/7(金) 11:34
オリコン