ここから本文です

楢葉に太陽光パネル工場完成 大阪のアンフィニ、国内最大級

7/7(金) 10:17配信

福島民報

 太陽光発電パネル製造業のアンフィニ(本社・大阪市)の福島工場が福島県楢葉町下繁岡に完成し6日、現地で式典が催された。年間10万~30万キロワットを発電する太陽光発電パネルが生産可能で、国内最大級の生産拠点となる。
 福島工場は昨年9月に着工した。敷地面積約3万1千平方メートル。鉄骨造り2階建てで延べ床面積は約1万7千平方メートル。停電などに備え、屋上に約5700枚の太陽光発電パネルを設置した。浜通りを中心に約70人を新たに採用した。総工費は約75億円で津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金を活用した。
 式典には県や町の関係者ら約100人が出席した。神事の後、親川智行社長が「この工場で製造した製品を国内外に発信していきたい」とあいさつした。畠利行副知事が祝辞を述べた。親川社長、畠副知事、松本幸英町長らがテープカットし工場の完成を祝った。

福島民報社

最終更新:7/7(金) 10:33
福島民報