ここから本文です

いわきで業務再開 双葉の特養ホーム「せんだん」

7/7(金) 10:17配信

福島民報

 福島県双葉町の社会福祉法人ふたば福祉会が運営する特別養護老人ホーム「せんだん」は6日、町が役場機能を置くいわき市錦町で業務を再開した。
 せんだんは2005(平成17)年、双葉町内に開所したが、東京電力福島第一原発事故により運営を休止した。町民が避難先で利用できる施設が少なく、再開を望む声が上がったため場所を移しての業務開始に向け準備を進めてきた。
 現地で開所式を行い、約75人が出席した。ふたば福祉会の高野一美理事長が「優しさと思いやりのケアサービスを提供し、笑顔の絶えない施設を目指していく」と式辞を述べた。高野理事長、伊沢史朗町長らがテープカットした。
 施設の定員は40人で、入所が決まっている36人のうち町民は31人。短期入所用の部屋も設けた。2012年1月に同市南台の仮設住宅で再開したグループホーム「せんだんの家」が今後、敷地内に移転する。

福島民報社

最終更新:7/7(金) 11:19
福島民報