ここから本文です

業種超え技術集結 8日から川俣で県ファッション協組

7/7(金) 12:05配信

福島民報

 福島県内の織物、ニット、縫製、製糸の6社でつくる県ファッション協同組合の国内初の展示会「Forward!!前ヘ進メ展」は8日から8月27日まで、川俣町のかわまたおりもの展示館で開かれる。川俣町の主催、同組合、県中小企業団体中央会の共催。川俣シルクにカシミヤ、麻を掛け合わせた素材などで製造したジャケット、スカート、コート、ドレスなど十数点を展示する。
 同組合は安価な海外産の国内進出や東京電力福島第一原発事故による風評で苦境に立つ繊維業界を盛り上げようと、2012(平成24)年に設立された。業種を超えて技術を結集し、糸や衣料品の開発を進めている。オリジナルブランド「フクシマ・プライド・オブ・シルク」としてイタリア・ミラノや米国ニューヨークで展示会を開き、質感や肌触りが海外の買い付け人から高評価を得た。
 入館料は大人150円、高校生以下70円。時間は午前9時から午後5時まで。月曜日は休館。問い合わせはかわまたおりもの展示館 電話024(565)4889へ。

福島民報社

最終更新:7/7(金) 13:00
福島民報