ここから本文です

中3、ウイルス作成疑い 県警、きょうにも書類送検

7/7(金) 8:59配信

岐阜新聞Web

 コンピューターウイルスを作成したとして、岐阜県警は、不正指令電磁的記録作成などの疑いで、北海道の中学3年の男子生徒(14)を、7日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で6日、分かった。
 捜査関係者によると、生徒は自宅のパソコンでウイルスを作成して保管した疑いが持たれている。ウイルスに感染するとパソコンに内蔵されているウェブカメラが勝手に作動するらしい。今のところ被害は確認されていない。生徒は容疑を認めており、「自分の力を試したかった」という趣旨の供述をしているという。
 中学生によるウイルス作成を巡っては、パソコンのデータをロックし復旧のために金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」を作成し保管したとして、神奈川県警が6月5日、大阪府高槻市の中学3年の男子生徒を同作成などの疑いで逮捕している。

岐阜新聞社

最終更新:7/7(金) 11:09
岐阜新聞Web