ここから本文です

「二元代表制が戦後初めて実現する」小池都知事の後任、野田数・都民ファースト新代表を直撃!(1)

7/7(金) 15:00配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

 2日に行われた東京都議会議員選挙で圧倒的な勝利を収めた「都民ファーストの会」。公認候補の50人中49人が当選、さらに無所属の推薦候補6人を追加公認したことにより、合計55議席を占める大躍進を果たした。

 その一方、選挙翌日にはこれまで党を率いてきた小池百合子都知事が代表を退く意向を明らかにし、波紋を広げている。議会第一党の代表と都知事を同時に務めるのは二元代表制の観点から問題があり、知事の仕事に専念すべきとの考えからだ。

 小池都知事の退任に伴い、新たに代表に就任するのは野田数(のだ・かずさ)氏(43)。早稲田大学を卒業、サラリーマンとして1か月働いた後に、当時衆議院議員だった小池都知事の秘書に就任。さらに東村山市議を2期務め、2009年には自民党議員として都議会議員に初当選。2012年、地域政党「東京維新の会」を立ち上げた。その後、アントニオ猪木参院議員の政策秘書などを経て、去年の東京都知事選では小池都知事の選対本部責任者として活躍した。

 6日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、野田新代表に独占インタビューを行い、都民ファーストの会の今後や都議会運営について疑問をぶつけた。(聞き手:小松靖・テレビ朝日アナウンサー)

■「小池都知事にとって使いやすいんじゃないですかね(笑)」

ーー都民ファーストの会は今、国政、そして地方政治も含めて日本で一番注目されている政党だと思うが、その新代表になった心境は?

野田:「新代表」と言いますが、1月から5月末までは私が代表を務めておりましたので、返り咲いたという思いで、特段気負いというものはありません。ただ、私どもが自信と責任を持って擁立した公認候補および推薦候補を55名当選させて頂いたので、非常に責任は重大だと思っておりますし、“勝って兜の緒を締める“、こういう心境です。

ーー小池都知事とは20年近い長い付き合いだということですが、なぜそこまで小池都知事は野田さんを信頼しているのか?

野田:どうですかね…使いやすいんじゃないですかね(笑)。自分を買い被っているわけではないですけども。

ーーどういう部分が“使いやすい“と評価されているのだと思う?

野田:なんなんですかね…あまりそういうのは考えたことないですね。ただ意外にこう見えて真面目に働いていますので、その辺りが評価されているのでしょうかね。

1/4ページ

最終更新:7/7(金) 15:48
AbemaTIMES